スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の風味を作ったよ★


こんばんは♪
( v^-゜)♪

北海道、雪降りましたねー))驚
なのに、関東は夏日やら肌寒いやら
日本列島の今秋はかなり迷走してますねw




今日は、九州地方では何処にでも売っている、、、

『ゆず胡椒』または『柚子こしょう』←こっちの表記が主流かな?
を、作りました。

柚子こしょうも
『初めて作りましたシリーズ』です♪

※九州では、唐辛子のことを『胡椒(こしょう)』と言います。



とゆーか、柚子こしょう
知ってます??
明太子(めんたいこ)は有名だけど、柚子こしょうはまだまだローカルなんだろか、、、

柚子こしょうって、柚子の香りがめちゃめちゃ食欲そそる辛~い薬味です。
サンマとか焼いたら必ず柚子こしょう!みたいなものです。
おじさんは、お味噌汁に沢山入れて 風味と刺激を楽しみます。
辛いので、子供は嫌いだとおもう。
マヨネーズと混ぜると美味しい~♪
柚子マヨネーズとポテチなんて最高だよ♪♪
お刺身にもワサビがわりに使えます。
とにかく何にでもよく合います。
辛いけど、柚子の香りが爽やかで癖になる最高の薬味、それが柚子こしょうです★




てことで昨日、
農協の売店に行ったら
青い唐辛子と青い柚子(ゆず)が売ってたので、売店のオバチャンに柚子こしょうの作り方を聞いてみたら、、、
『青唐辛子と柚子の皮と塩を全部同じ量(重さ)入れてミキサーするだけよー。』
って、めっちゃ簡単!!

柚子こしょうは小瓶で買っても何百円もするんだけど、作れるなら安上がりだし。
この時期 私の近所のお店とか農協売店などで、柚子果実とか青唐辛子が激安で売ってるんよ♪
今まで 柚子こしょうを作ろうなんて思ったことないけど、最近いろいろ作るの楽しいからここは手作りしなきゃねー。
オバチャンも簡単って言うしね(笑)




材料は
・青い柚子の皮(緑色だけどね。)
・青唐辛子(緑だけどw)
・天然塩
201610090344565fb.jpg

柚子は皮しか使わないので、果実のままじゃ重さが分からないから、まず柚子の皮をむきます。
今回使ったのは8個です。
8個分の皮の重さを量ると90グラムでした。

とゆーことで、青唐辛子も90グラム量ります。

で、天然塩も90グラムなのですが、わたしは『減塩ぎみ』にしたかったので、塩は80グラムにしました。

柚子はよく洗ってからペーパーで水気を拭いて皮をむきます。
もちろん、手とか皮むき器(ピーラー)も清潔に。
20161009034456b4b.jpg

皮をむいたあとの柚子が可愛い。(笑)
20161009034456f65.jpg

中身はいらないので、可愛いけど捨てます。(笑)


青唐辛子はよく洗ってザルに移し、水気がなくなるまで放置します。
乾いたら青唐辛子の傘部分を取り除きます。
ここでももちろん、手やキッチンバサミは清潔に。

で、柚子の皮と青唐辛子と天然塩をミキサーに投入ー。
もちろん、ミキサーも綺麗に洗って乾燥させておく。
2016100903445684b.jpg

で、、、
スイッチOn~♪
((o( ̄ー ̄)o))

うわっ)))

量が少な過ぎて回らない))))

救済措置として
琉球泡盛を少々入れてみた。

おっ!回った))))
Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

出来た!

簡単♪

20161009034456006.jpg

めっちゃ色綺麗★★★★★
(*´ω`*)ノ"

味見、、


『辛っ))、、、汗』


、、、、、、、うまっ!!


手作り柚子こしょう
美味しい~♪
風味がすごい!
買ってきたのより
数倍美味しい~♪♪
しかも出来高大量))260グラム。
原価500円くらい。

小瓶で売ってる柚子こしょうは
50グラムで400円くらい。

500÷260×50=約100円

ほら!めっちゃ安い~♪
75%offだよ♪
『off』って表現はおかしいけどw



とゆーことで、
柚子こしょう初挑戦
大成功~♪

酒屋さんで見つけた
沖縄のオリオンビール
ハロウィーンversionと
手作り柚子こしょうで
のんびり一人酒なぅな夜。


『最高さぁ~♪』

20161009034516722.jpg




この記事が良かったよーっておもったら、ランキングバナーをポチッと投票お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ありがとうございます。


では、皆様
今日も良い1日を★



スポンサーサイト

キムチ★初挑戦


皆様こんばんはー。
一旦終わったとおもった夏が
蒸し暑さのお釣りを持って
『再来日』御礼。

こりゃたまらんー
ヽ(´o`;

再び、
グラスに氷を満たして
琉球泡盛を注ぐわたし。

『ぶっはぁ~♪』
(*^▽^*)ノ"

季節感の時系列が
あやふやな昨今
全国各地の皆様
今一度秋の風が吹くまで
ご自愛くださいませ。





とゆーことで、今日は
最近のマイブーム
『初挑戦シリーズ』です★

今回はキムチです。

キムチも、いつか作ってみたかった候補の1つだったので。

現在はインターネットの普及により
どんな情報でも簡単に知ることができます。

その分、飛び交う情報を集めた後に、自分なりの解釈でまとめる必要があるとおもいます。

何故なら、『皆、微妙に違うので。』

今回キムチを作るにあたってネット検索したところ、全員不一致で違いがあること。

なので、私なりの解釈で作ってみました。

ポイントとしては、キムチは発酵食品だと言うことです。
発酵しなければ、ただの味つき野菜ですし、放置すれは腐敗してしまいます。

私なりの解釈は、そのような要点を踏まえた上での良質な発酵を心掛けるとゆうことです。




●白菜は小振りの物を撰び、外側は濃い緑色で、内部になるほど黄色がかったものが良いです。
本場韓国では、大量に作るので、大きめのカットで漬け込み、食べる分だけ取りだしカットするのですが、私は、大量消費するわけではないので、初めから食べやすい大きさに切って塩揉みしました。

白菜の水抜のため通常塩漬けして1日置くところを、わたしは簡素化したいので、圧縮器を使って数時間で白菜の水抜を完了しました。
201609280013377a7.jpg

●浄水器の綺麗なお水にさらして、軽く塩抜きします。
その後、水気をしっかり切るために 秘密兵器を使用。
サラダ用の遠心分離器です。
蓋についたハンドルをグルグル回して水分を飛ばす脱水機のようなものです。
201609280014409c4.jpg


●ヤンニョムを作る。
ここからいよいよキムチっぽくなりますよ♪

キムチ作りには、ヤンニョムと言う赤い漬け込み具材が必要です。
使う材料や配分は 各ご家庭ごとに違いはありますので、以下の材料は、私なりの解釈での一例です。
20160928001440569.jpg
発酵のために、梨(またはリンゴ)は必須。
日本のフルーツは、皮にワックスが使われてることが多いので剥きます。
内部の種付近も取り除いたのち、おろし器で擦りおろします。

ニンニク、ショウガも必須。
こちらも擦りおろします。

オキアミの塩辛は今回の分量(小振りの白菜1つ分)で、大さじ一杯。

ニラは1センチほどの長さで刻みます。
(ネギでも可。)
※ネギの場合はみじん切り。

鰹節、昆布はアミノ酸による旨味のため必須。
※鰹節のかわりに、いりこでも可。
※昆布は細く刻む。

お醤油は、味に深みが出るので入れました。
写真に入れ忘れましたが、ミリンも少し入れました。

ゴマの意味は不明だけど 皆さん入れてるので 私も入れました。

日本の唐辛子は辛いので、必ず韓国唐辛子を使います。
辛いのが苦手な人は50グラム。
激辛が好きなら上限150グラムくらいが妥当です。


●以上の具材をボールにすべて投入。
より良い発酵のために、必ず手で混ぜ合わせます。
(手はちゃんと洗ってね♪)
ヽ(´o`;
2016092800144019c.jpg
この時点で味見して、キムチっぽくなければ未完成。
お醤油やニンニク鰹節などで味の微調整をします。

※捕捉ですが、美味しいキムチのために一番必要なことは、新鮮で美味しい具材(白菜、梨、ニンニクやショウガ、ニラなど、)を使うことです。
化学調味料やキムチの素などは絶対だめよー!


『ヤンニョム完成~♪』
(*^ー^)ノ♪

ちなみに、本場韓国では、調味料として 色んな料理の味付けにヤンニョムを使います。
なので、ヤンニョムは多めに作っても利用価値ありです。


●塩抜きした白菜とヤンニョムを混ぜ合わせます。
ヤンニョムの分量は、ビジュアル的に美味しそうなキムチに見えるくらい。
20160928001440808.jpg
ここでも必ず手で混ぜてください。
(※手はちゃんと洗ってね♪)

ここで白菜を味見してキムチっぽい味なら瓶に詰めます。
※ヤンニョムの量で味の加減をしてね。

●瓶に詰めたら 1日から2日 常温で放置して発酵させます。
(※真夏の高温多湿の時期は 初めから冷蔵庫保存します。)

冷蔵庫保存は発酵が遅いので、発酵に1週間から2週間必要。
20160928001440886.jpg
※発酵によりガスが発生するので瓶の蓋はしないでください。
代わりにラップをしてホコリやコバエから防御。

完成の発酵状態を知るために、漬け込み初日の未発酵の味を覚えておく。
未発酵の物に対して、発酵した完成品は明らかに美味しいキムチだー!って味がするので♪

基本的に、発酵したものは腐りにくいのですが、酸味が増して酸っぱくなるので、『美味しくいただける賞味期限』と言う意味で、2週間ほどで食べきり推奨★
※発酵したら蓋をして要冷蔵。


最後の画像の左下に写ってるのが、残ったヤンニョムです。
色んな料理のアレンジに使えます。
(※長持ちさせるために、ラップを張り付けて空気を遮断すると良いです。)

餃子の具に混ぜればキムチ餃子に。
焼そばに入れればキムチ焼そばに。
鍋に入れればキムチ鍋に。
キムチチャーハンも美味しい~♪
お豆腐に、納豆に
卵かけご飯とも相性バッチリです★



手作りキムチは、優良発酵で体にも優しい健康食品です。

皆さんも
手作りキムチ
いかがですか★
(゜∇^d)!!






ご閲覧くださり
ありがとうございます♪
よろしければランキング投票お願いします★
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
今日も良い1日を★
(*^ー^)ノ♪

Pizza★初挑戦


皆さんこんばんは♪
ご訪問くださり
ありがとうございます。
<(_ _*)>

今日は、
手作りピザに
「初挑戦!」したので
その模様をー)))


まず、生地なのですが、
わたしはいつも
インドのチャパティーを
作っているので
簡単でした。
チャパティーよりも少し柔らかめ。
2016090903071200f.jpg
生地をこねてから
30分ほど予備発酵。

ふんわり膨らんだら
丸く薄く広げます。
手にオリーブ油を塗るとひっつかない。
201609090311478bd.jpg
そのままオーブンに入れたいので
cookingシートの上に。

ピザソースも手作り!
20160909031806dfa.jpg
トマト缶(ダイスカット)を
フライパンで煮詰めて水分飛ばし!
ガーリック擦り入れて、、
バジル、オリーブ油
ブラックペッパー
ミネラル塩などを添加。
隠し味として、
クミンパウダーと
グローブパウダーも入れました。

そして、具!
20160909032009b94.jpg
玉ねぎ
ピーマン
トマト
生バジル
ポークウインナー
ナス

と、ここでプチ失態))
「チーズ買い忘れー)))」
((o( ̄ー ̄)o))
そんなことある?w

仕方ないから、
買い置きしてた
パルメザンチーズで代用。
(※私は、パルメザンチーズが大好きなので、いつも1㎏入りを買って冷凍庫に入れているのです。)
20160909032705f2c.jpg
ガーリックと唐辛子をローストしたオリーブ油をかけました。(ペペロンチーノです。)

そして、250度で加熱15分、、、、、


チーン!!
完成~♪ヾ(*T▽T*)


人生初!
フルハンドメイドピッツァ~♪
20160909033046a03.jpg
おーっ!パルメザンチーズでも
問題なしだに♪ヽ(´o`;

手作りだから、添加物無し!
手作りだから、超アツアツ♪
味は、、、、
お店に出せるポテンシャルでした★


最近思うこと。

各国のご家庭の味って、
誰でも作れるから各家庭に浸透しているんだね!と、。

この前作った ぬかだきも
インドカレーも、(まだブログには書いてないけど、キムチも。)実際作ってみると、とても簡単なものばかりでした。

あとは、回数重ねて 自分なりの味を作っていければいいんだと思います。

若い頃は 無理だと決めつけていたことも、最近は『やってみればなんとかなる。』って思えるようになったのです。

大人になったぜ!
(* ̄∇ ̄)ノ

んなわけで、
初挑戦ピザ作り体験
大成功ー!
( v^-゜)♪








よろしけれは
『良かったよボタン』を
ポチっと押してくださいませ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
<(_ _*)>アリガトー

やっぱり手作り♪伝統継承の第一歩★


皆様おはよー♪
(゜∇^d)!!

『珍しく朝に記事更新?』
って思いました?

夜書いてたら、寝落ちしちゃって 朝見たら ほぼ書きおわりだったので今更新しました♪


とゆーことで、
9月ですねー。



みんみんゼミの
焦り鳴く音に
スズ虫たちが
ハモりだす頃。


『いつの間にか夏の終わり?』


夜通し回した扇風機。
寒さに目覚めて
スイッチ切る朝。

でも、まだまだ
朝日昇る頃には
寝ぼけまなこに
再びつける扇風機。

皆様はいかがお過ごしですか。。




今日は、先日ご紹介した
『サバのぬかだき』(糠炊き)
を、作ってみました。

伝統の味なので、簡単には行かないとおもってたのですが、ファーストチャレンジで85点くらいの出来映えでしたよ★

201609031634275e7.jpg


(※今日は明るいから、脚が生々しいですねwとゆーか、トリミングしろよーって感ですがw)

●材料●
・サバ
・醤油
・ミリン
・唐辛子
・山椒の実
・水
・糠床のぬか

サバは骨を丁寧にとって、程よい大きさに切り分けます。

サバをお鍋の底に綺麗に敷き詰めたら、ミリン 醤油 唐辛子 山椒の実を入れたのちに、中火で煮ます。
(※お水は 煮詰まり防止なので様子を見ながら継ぎ足します。)

サバに味がしみたら火を止め、数時間置いておきます。
(※わたしは三時間くらい置きました。)

そして、再加熱するのですが、このタイミングで 糠床のぬか をいれます。
ぬかの量は 煮汁にとろみがつく程度なので、そんなに沢山いらなかったです。
火加減は、焦げない程度の中火くらい?

煮詰めて、煮汁の水分を少し飛ばしたら完成~♪

※これは私が調べた方法の一例なので、各ご家庭の違いはあるとおもいます。



ぬかだきのメインは サバじゃないんですよー

甘辛タレに
ぬかが溶け込んだ
煮汁(ぬかみそ)を
ご飯に少しかけて 食べる。

これがたまらないんです~♪
(*´ω`*)ノ"
生山椒の実も ほどよい刺激があってグー!です。

もちろん、サバも美味しいオカズです。



初めてで美味しくて出来たので、今後も作りつづければ 『我が家の伝統の味』になりますよね♪



じゃ、沢山書いたのでこのへんでおしまい。

お読みいただきありがとうございました。


良い1日を★




















★レリアのお部屋★

レリア♪

Author:レリア♪
.
.
.
やっと人間らしい思考に戻ってきたのでブログ再開します。

といってもそもそも『Unusual 』な人です、ご了承くだされ。

マイペースでやってくのでよろしくー
(* ̄∇ ̄)ノ



ご訪問くださりありがとうございます。

あなたに幸あれ☆







by...LeliA Leger★




★ブロ友 申請フォーム★

★最近のコメント★

★カテゴリ★

★最新50記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。